テーラーカツラの歴史について

オーダースーツ 大阪


ヒストリー

沿革

大正12年

初代 桂貞次郎が大阪市福島区で紳士服仕立の店を開業。

初代社長貞次郎


テーラーカツラのシンボルマークは初代貞次郎が創業当時に見た夢に由来します。それは一面に満開の花をつけたナスビ畑の夢でした。ナスビは花を咲かせると必ず実をつけるといわれています。「必ず実をつける」=「人を裏切らない」というところから、ナスビをシンボルマークとすることになりました。
ナスビ

初代社長貞次郎

昭和5年

店舗を大阪・桜橋に移転。

昭和18年

店舗を大阪・梅田新道に移転。

昭和23年

戦災により、店舗を現在の大阪・心斎橋に移転。

 

ショップトップへ

インスタ